So-net無料ブログ作成

はじめてのマンガ・・・その2「きまぐれ オレンジ☆ロード」 [マンガ]

今年に入ってから、何か忘れてるような~?と思っていたことがあったのですが・・・

昨年、はじめてのマンガ・・・その1「ウイングマン」と題して、桂正和先生
「ウイングマン」を取り上げましたが、その続き、「その2」を記事に
するのを忘れてました

そんな訳で、年を跨いだ企画になってしまいましたが・・・

今回は、同時期の作品の「ウイングマン」の次に買ったマンガとして、まつもと泉先生
「きまぐれ オレンジ☆ロード」をピックアップしてみたいと思います

きまぐれオレンジ★ロード (Vol.1)

きまぐれオレンジ★ロード (Vol.1)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1984/10
  • メディア: 新書

自分が「オレンジ☆ロード」と出会ったのは、中学2年当時に友人から借りた週刊少年
ジャンプ
だったと思います。

前にも書いた通り、中学時代は家にTVが無かったので、自分の趣味と言えばもっぱら、
音楽鑑賞読書、そしてマンガでした。

マンガが趣味とは言っても、中学生の少ないお小遣いではそんなに買えるわけもなく、
友人が読み古した週刊少年ジャンプ1年分ぐらいをゴッソリと借り受け、おもむろに
読み耽っていました。

そこで、恋に恋するほど純真だった自分は、学園ラブコメ「きまぐれ オレンジ☆ロード」
どっぷりハマってしまったのです


ここで簡単に「オレンジ☆ロード」をご紹介すると・・・

連載は、1984~87年週刊少年ジャンプ
コミックスは全18巻で、作者はまつもと泉先生

「せさみ☆ストリート」(1988~92年)などを執筆されていますが「オレンジ☆ロード」
以降はヒット作が無いようです。
現在、難病を患っておられるようで、長い闘病生活を続けてらっしゃるとのこと・・・
早くお元気になって、また新しい作品で僕らを楽しませてほしいですね。

ジャンル的には学園ラブコメですが、そこには超能力と言ったSF要素を含んでおり
「SF学園ラブコメディー」と言ったテイストになっています。

主人公の春日恭介はテレポーテーションが得意な超能力者だが、それ以外は至って普通で
ちょっと優柔不断な中学生。
彼の一家は、超能力を持つ家系で、妹が巻き起こす超能力騒ぎで転校歴がなんと7回・・・

その騒ぎのせいで引っ越してきた街で出会った、赤い麦わら帽子のミステリアス少女、
鮎川まどかに一目惚れ。
何と彼女は、転校先のクラスメイトでしかも不良少女だった!

さらに彼女の妹分、檜山ひかるに勘違い?で惚れられて、おかしな三角関係に・・・
恭介の超能力が引き起こすドタバタが面白く、そして、ひたすら恭介ラブのひかる
押されてか、まどかと付かず離れずの胸キュン感と、ちょっとほろ苦い青春ストーリー。

・・・と、こんな感じ。

まさに、自分のラブコメ好きの原点といえる傑作です。

  鮎川まどか                     檜山ひかる

 春日恭介

また、ヒロイン級の女の子が2人も登場するとなれば、必然的にどちらが好きか?
と言う話題になったりしますが、自分は断然!鮎川派(笑

一見、不良っぽい・・・
でも、ふたりきりになるととても女の子らしくて、ときどきセクシー
さらに、お化けが苦手だったりとか可愛らしい部分もあって、たまにミステリアス

今で言うところの、ツンデレ的要素も若干含んでいるような女の子です。

自分も、高校生になったらこんな青春ストーリーが待っているのかぁ?
などと思っていた、清らかな頃の自分が眩しいっ

何か、前にも同じこと書いたような気が・・・


そう言えば、1987~88年全48話のTVアニメも放送されましたね

こちらも、とても思い出深い作品です。

学生時代、中古ショップでTV版「オレンジ☆ロード」のLD全巻セットを格安で発見
先にLDをGetしておいて、後からLDプレイヤーを買うためにアルバイトした記憶が・・・

アニメで特に心に残っているのは、高田明美嬢の美麗なイラストと、和田加奈子嬢
唄うエンディング曲。

和田加奈子嬢の唄はかなりお気に入りで、5~6枚?かと思いますが、彼女のCDを全て
集めてました。

さらに、OVAや2回の映画化もあり、コミックスTVアニメ音楽映画小説と幅広い
メディアで楽しませてもらった作品です。

この作品に関しては、「ウイングマン」と違って、コミックスLDなど主要なアイテムは
大部分が手元に残っているのも、自分のラブコメ好きのなせる技かもしれません!


コミックス全18巻


和田加奈子嬢のCD


TVシリーズのLD全12巻
このほか、劇場版のLDなど・・・

そう言えば、この作品ってDVD化されていないですね~

自分としては、OVAのDVD化キボンヌ


コミックス版全18巻のAmazonリンクを集めてみました!
カバーイラストを見てるだけでも、懐かしいです。

きまぐれオレンジ★ロード (Vol.1)

きまぐれオレンジ★ロード (Vol.1)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1984/10
  • メディア: 新書

きまぐれオレンジ・ロード 2 ジェラシー・レインの巻 (2)

きまぐれオレンジ・ロード 2 ジェラシー・レインの巻 (2)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1985/02
  • メディア: 新書
きまぐれオレンジ・ロード 3 禁じられた恋の島の巻 (3)

きまぐれオレンジ・ロード 3 禁じられた恋の島の巻 (3)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1985/05
  • メディア: 新書
きまぐれオレンジ・ロード 4 星空に予知夢の巻 (4)

きまぐれオレンジ・ロード 4 星空に予知夢の巻 (4)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1985/08
  • メディア: 新書
きまぐれオレンジ・ロード 5 ゆられてララバイの巻 (5)

きまぐれオレンジ・ロード 5 ゆられてララバイの巻 (5)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1985/11
  • メディア: 新書
きまぐれオレンジ・ロード 6 ルージュの伝言の巻 (6)

きまぐれオレンジ・ロード 6 ルージュの伝言の巻 (6)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1986/02
  • メディア: 新書
きまぐれオレンジ・ロード 7 天使の誘惑の巻 (7)

きまぐれオレンジ・ロード 7 天使の誘惑の巻 (7)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1986/05
  • メディア: 新書
きまぐれオレンジ・ロード 8 恋の逃亡者の巻 (8)

きまぐれオレンジ・ロード 8 恋の逃亡者の巻 (8)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1986/08
  • メディア: 単行本
きまぐれオレンジ・ロード 9 予知夢でチャンスの巻 (9)

きまぐれオレンジ・ロード 9 予知夢でチャンスの巻 (9)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1986/10
  • メディア: 新書
きまぐれオレンジ・ロード 10 恋の思春期の巻 (10)

きまぐれオレンジ・ロード 10 恋の思春期の巻 (10)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1986/12
  • メディア: 新書
きまぐれオレンジ・ロード 11 初夢KISSの巻 (11)

きまぐれオレンジ・ロード 11 初夢KISSの巻 (11)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1987/02
  • メディア: 単行本
きまぐれオレンジ・ロード 12 危険なふたりの巻 (12)

きまぐれオレンジ・ロード 12 危険なふたりの巻 (12)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1987/04
  • メディア: 単行本
きまぐれオレンジ★ロード (Vol.13)

きまぐれオレンジ★ロード (Vol.13)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1987/06
  • メディア: 新書
きまぐれオレンジ★ロード (Vol.14)

きまぐれオレンジ★ロード (Vol.14)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1987/08
  • メディア: 新書
きまぐれオレンジ・ロード 15 夜の口紅の巻 (15)

きまぐれオレンジ・ロード 15 夜の口紅の巻 (15)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1987/10
  • メディア: 新書
きまぐれオレンジ・ロード 16 春はアイドルの巻 (16)

きまぐれオレンジ・ロード 16 春はアイドルの巻 (16)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1987/12
  • メディア: 新書
きまぐれオレンジ・ロード 17 片想いグラフィティの巻 (17)

きまぐれオレンジ・ロード 17 片想いグラフィティの巻 (17)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1988/02
  • メディア: 新書
きまぐれオレンジ・ロード 18 永遠の夏の巻 (18)

きまぐれオレンジ・ロード 18 永遠の夏の巻 (18)

  • 作者: まつもと 泉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1988/07
  • メディア: 新書


nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マンガ・アニメ(旧テーマ)

nice! 3

コメント 10

結城忍

こんばんわー!!

なつかしいですね・・・きまぐれおれんじろーど。
私も大好きでした。
と、やっぱり私も鮎川派でしたね。

>今で言うところの、ツンデレ的要素も若干含んでいるような女の子で
>す。

若干どころか…ある意味元祖と言っても過言なぐらいツンデレだった気が・・・しますが・・・。

なにか、私が年齢的には大人びていたのか・・・
それとも閣下が子供だったのか・・・
どちらかはわかりませんが、とてつもなくウィングマンといい
めぞん一刻といい「はやお」以外は趣味が似通ってて
他人な気がしません・・・OTZ

LDまであるつわものにNice!おいていきますね(笑
by 結城忍 (2006-01-06 17:10) 

紫苑

こんばんわ~(^^♪ 

なつかしいーっ!! 気まぐれオレンジロードですかっ!!
私、コミックは1巻だけ持ってました。 続きを買うにも子供だった為、らいむさんと同じで小遣いが少なくなかなか買えぬまま他に興味を持ってしまったんですよ・・・(汗

コミックよりアニメをよく見ていました。
私も“鮎川”派ですね。 かっこいーと思った記憶あり!
まどかはガキっぽくてあまり・・・(汗

次はどんなマンガが出てくるのか楽しみです♪
では、また。
by 紫苑 (2006-01-06 18:16) 

HINAKA

HINAKAです。

らいむ様

「きまぐれオレンジ・ロード」で来ましたか……鮎川派です!孤高のトランペット吹きで、不良。でも両親は、大音楽家で大金持ち?
なぜ彼女が、めっぽう喧嘩が強いのかが謎でしたが、ともかく何でも持っている上に、滅茶苦茶強い!なのに、寂しい女の子って最近の典型?じゃないですか!?(それをツンデレという?)

で、主人公はなぜか超能力者なんですが……実はこれ、超能力者である必要なんて、どこにもない物語なんですよねェ。ウィングマンもそうでしたが、この当時の少年ジャンプって、主人公が超常力を持っていないと許して貰えない(今もその傾向有り?)ところがあったみたいです。

で、アニメもいいんですが、主人公の恭介の声が古谷徹さん!
で、ずぅーッと後にあのセーラームーンで、タキシード仮面として登場した時には、吹いた!吹いた!吹きました!!だって、声がまるっきり恭介なんだもん!

いつ、「~という訳で、僕は……」と言い出すかと思っていましたが、さすがにそれなかったような。
ちなみに、オープニング曲「鏡の中のアクトレス」も、背景の絵と合わせて、凄く好きでした。

あぁ~、鮎川さんみたいな女の子、その辺に落ちいないかなァ……お後が宜しいようで!
by HINAKA (2006-01-06 19:57) 

新・タビネズミ

 オレンジロードですか。よく、○校生のころ友達と見てました。
 新年早々、中身が濃くていいですねぇ~。
 よい1年でありますように!そして、あの若かりし日々が再び戻ってきますように!←少し意味不明。
by 新・タビネズミ (2006-01-06 20:27) 

konoma

こんばんは、また懐かしいものを。ラブコメの王道&原型になるかも。

こいつのアニメ版何作品かあって、中の人が違うのがあったりして。
自分はTV番が一番好きだが。鮎川の中の人が鹿島みゆきと同じだったり、ひかるの中の人がランゼだったり。アムロがいたり、有名声優勢ぞろい。贅沢な作品だな。では
by konoma (2006-01-06 22:50) 

らいむ

結城さん、こんばんわ!

>と、やっぱり私も鮎川派でしたね。
おぉっ!以外ですね~
いつも、ちょっと外したマニアック路線の結城さんにしては王道ですね!(笑

>若干どころか…ある意味元祖と言っても過言なぐらいツンデレ
確かに、言われてみればそうなのですが・・・
でも、まだ当時、「ツンデレ」という概念が希薄だった頃の作品ですから、どうもそんな気がしないんですよね~(汗

>なにか、私が年齢的には大人びていたのか・・・
>それとも閣下が子供だったのか・・・
自分の中学当時に「オレンジ☆ロード」だと、ほぼ年相応かとおもいまますが・・・(子供じゃないやい!<笑
そうすると、自分より何歳か年下の結城さんは・・・3~4年生ぐらい?
あ、5年ぐらいかな?
かなり、エロ・・・や、失礼!おませさんですね~(爆

それにしても、ここまで同じ話題で盛り上がれるとは!
Niceありがとうございました。
by らいむ (2006-01-07 01:56) 

らいむ

紫苑さん、いらっしゃいませ!

>なつかしいーっ!! 
と、言うことは・・・世代的に近そうな感じですね~(笑

>私、コミックは1巻だけ持ってました。
1巻だけですが・・・それは残念ですね~
ストーリー的にも作画的にもこなれてくるのは、実は4、5巻辺りからなんですよね。
1巻と5巻では、同じキャラでも全然違うマンガみたいですから・・・

>コミックよりアニメをよく見ていました。
自分もアニメ版、結構好きですよ!
TV版も良いけど、劇場第1作の「あの日にかえりたい」とかは、切なさ炸裂で・・・かなりお気に入りです。

>まどかはガキっぽくてあまり・・・(汗
あれ?ひかる・・・ですよね?
まぁ、シナリオ的にまどかが本命・・・みたいな構成でしたからね~

>次はどんなマンガが出てくるのか楽しみです♪
実は、この次に思い当たる作品が、ナッシング(汗
今度は、ライトノベル系のSF小説あたりに逝ってみようかと・・・
by らいむ (2006-01-07 02:08) 

らいむ

HINAKAさん、こんばんわ!

>鮎川派です!
やっぱりですか~
鮎川派、強し!・・・って、実際強いんですけどね(笑

>孤高のトランペット吹き
確か、サックスだったような気が・・・
アニメ版は、間違いなくサックスでしたね。

>実はこれ、超能力者である必要なんて、どこにもない物語なんですよねェ。
確かに、最初は自分も「なんで超能力なんて、いかがわしい設定もってくるかな~?」とかなり疑問だったのですが、タイムスリップで子供の頃の鮎川と出会ったりする話が結構良かったりしたので・・・
まぁ、いいか~!っとスルーするようになっちゃいました(笑

>鮎川さんみたいな女の子、その辺に落ちいないかなァ……
ボコられないように、気をつけて下さいね?(爆
by らいむ (2006-01-07 02:17) 

らいむ

タビネズミさん、Niceありがとう!

>○校生のころ友達と見てました。
連載後期の頃は、自分も○校生でしたよ!
自分も良く、友人とマンガのことで語り合いました。
いまじゃ、そういうことを語れるのはブログくらいになってしまって・・・サミシイ(泣

>新年早々、中身が濃くていいですねぇ~。
ってか、自分でも濃すぎるとおもいまつ・・・OTZ
by らいむ (2006-01-07 02:22) 

らいむ

konomaさん、Nice頂きありがとうございます!

>ラブコメの王道&原型になるかも。
そうですね~
これ以前の作品でも「さよなら三角」(原秀則先生)辺りが記憶にありますが・・・
あ、あれは「スポ魂」かな?
自分にとっては、間違いなく「オレンジ☆ロード」が原点であり、王道です。

>こいつのアニメ版何作品かあって、中の人が違うのがあったりして。
確かTV版より前に制作され、ジャンプのイベントで上映されたアニメがありましたよね~
TV版と劇場版では、鮎川=鶴ひろみ嬢ですが、確かCDドラマ?で桜井とも嬢が鮎川役やってたような気が・・・
ちょっと定かではありませんが・・・(汗
by らいむ (2006-01-07 02:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0